性病の検査をするなら病院よりも検査キット!?

性病のよくある症状(女性)

性病,検査

性病にはいろいろな症状がありすが、それぞれ原因や病気の種類も異なります。ウィルスや細菌によって感染するものが多く、女性が良くかかる性病だとカンジダや性病、ヘルペス、エイズ、トリコモナスなどが有名です。

 

どの感染症にかかるかによってどのような症状が現れるかは異なるものの、女性の場合には膣から分泌されるおりものの状態をチェックすることによって、ある程度判断することが可能です。

 

女性のおりものは、健康な場合には白色をしていますが、これが水っぽくなって量が多くなった場合には性病の疑いがあります。性病は炎症系の疾患で、抗生物質を2週間程度飲めば完治できる病気です。

 

おりものの色が黄緑色になった場合には、淋病の可能性が考えられます。大腸菌のような雑菌によって炎症を起こしている場合でもこのような色になりますが、雑菌の場合には放置しても自然治癒できるのに対し、感染症の場合には病院で抗生物質を使った治療をしなければ症状は良くなりません。

 

性病,検査

その他、おりものがカッテージチーズのようにボソボソして、しかも外陰部がかゆい場合には、カンジダの疑いがありますし、クリーム色のおりものが泡立つ場合には、トリコモナスが疑われます。

 

おりもの以外にも性病にかかると外陰部がかゆくなったり、ぼつぼつができるなどの症状が起こりやすくなります。もちろん、こうした症状は性病以外にも起こることがありますから、痒くなったからと言って必ずしも性病に感染したというわけではありません。

 

性病は必ずしも性行為によって感染するというわけではなく、疲れていたりストレスによって免疫機能が低下していると感染しやすくなります。しかし、悩んでいても解決できないので、心配な人は自宅で検査できるキットを使ってみるという解決法もアリです。誰にも知られずにコッソリ検査でき、陰性なら安心、陽性なら病院で治療を始めることができます。

性病検査キットのおすすめランキング

性病検査キット

さくら検査研究所は性感染症郵送検査にて13年の実績を誇る老舗です。現在最も優れた検査方法である「PCR法・SDA法」を取り入れているので安心感もあります。

 

身内の方に知られない配慮として郵便局留めを利用することが可能な他、もしも陽性反応が出てしまった時にも全国に提携医院がある安心感が大きな特徴です。

 

また、実は検査結果が出るまでの速さの面やセットの価格では少し劣りますが、単品検査の価格では他を寄せ付けない安さとなっています。安心要素と共に単品検査を行うのであればオススメです。

 

性病,検査

 

性病検査キット

宅配ドクターは365日24時間体制の窓口が用意されている事が大きな特徴です。もしも分からないことや不安なことがあればいつでも電話による問い合わせが可能なのはここだけです!

 

また、宅配ドクターの公式サイトは初めて利用する方にとって、とても親切で分かりやい点も人気の理由の1つです。

 

単品検査を受け付けていないというデメリットもある一方で、他にはない定期コースによる割引もあるため、目先の価格よりも特殊なお仕事で定期的に検査を必要とする方やサポートを望む方にオススメです。

 

性病,検査

性病検査キット

10年の実績を誇るふじメディカルは最短2日で検査結果が出るという素早い対応や匿名による検査が可能なことが大きな特徴です。

 

神奈川県においては充実した提携病院の数が確保されていますが、その他の地域では少し物足りないのが残念な所です。

 

単品検査の価格も比較的安いので、検査結果の速さと匿名による検査を重視する方にオススメです。

 

性病,検査

 

性病検査キット

STDチェッカー

STDチェッカーは申し込みんでから素早い発送と検査結果がWEB上から見られるので郵便物による家族バレの心配が少ないのが特徴です。

 

性感染症の検査においても評判は良いのですが、単品検査の価格が少々高めの設定となっています。そのためセットでの検査を検討している時に候補に挙げたい検査キットです。

 

性病,検査

 

性病検査キット

GME医学検査研究所

GME医学検査研究所はローコストパッケージをはじめとし、送料や代引き手数料が無料など価格面での努力が見られます。

 

その他にも個人名による配送や配達センター置きなどプライバシーに対する配慮、そして検査結果の確認までの素早さなど総合的に見ても魅力の高い検査キットです。

 

ただ、あまりにもネット上での評価が高いため、とりあえずこの順位ということで…

 

性病,検査

 

性病のよくある症状(男性)

性病,検査

男性が性病にかかった時によくある症状にはいくつかありますが、はっきり自覚できる症状と言えば、痛みではないでしょうか。

 

性病といえば痒いイメージを持つ方も多いですが、実際には痒みよりも痛みを感じる人の方が多いと言われています。この痛みは、排尿する時の痛みだったり、腫れたような痛みも含まれます。

 

もちろん、かゆい症状が出る病気もあるのですが、その場合には外側ではなく内側から発生している場合が多く、掻いても掻いても収まらない苦しいも症状と言えます。ただし、性病の全てに痛みやかゆみという症状があるわけではないので、痛く(かゆく)ないから安心というわけではありません。

 

陰部の腫れ

性病や淋病にかかると良く起こるもので、特に痛いというわけではありませんが、炎症を起こすことによってリンパ腺が腫れ熱を持つことがあります。

 

陰部にイボ

陰部にイボができる病気にはコンジローマやヘルペスなどがあり、硬いシコリのようなものができたり、蕁麻疹のような小さなブツブツができるのです。このイボが尿道の内側にできてしまうと、排尿の時に障害となって痛みを感じたり、尿が出づらいといった事が起きます。

 

尿道から膿

あまり一般的なものではありませんが、淋病にかかった場合や、ほかの性感染症にかかって症状がかなり進行している状態だと言えます。

 

できるだけ早く検査しましょう

性病,検査

男性のこうした症状は、必ずしも性感染症にかかっている場合だけではなく、泌尿器科系の疾患にかかっている場合にもよく似た症状が現れる場合があります。

 

性感染症というと、なんとなく病院に行くことが恥ずかしかったりして放置しがちなのですが、放置しても自然治癒することは少ないですから、できるだけ早めに受診して適切な治療を始めるようにしましょう。

性病検査を自宅でする場合

性病,検査

もしも性病かなと心配になったら、まずできることは検査を受けることです。しかし、病院で検査を受ける場合、具体的な症状が出ていない場合には健康保険が適用されないことが多いだけでなく、健康保険を使うと家族にばれてしまうリスクもあります。そこで、自宅で使える性病検査キットがおススメです。

 

性病検査キットは、複数のメーカーからいろいろな種類が販売されていますが、基本的にはキットの精度は病院で検査する場合と変わりません。しかし、以下の様なメリットがあります。

 

  • 誰にも知られずに検査できる
  • 自分に都合が良いタイミングで早朝や深夜にでも検査できる
  • 費用がリーズナブル

 

性病,検査

市販されている性病検査キットは、それぞれ検査できる性病の種類や数が異なり、多いものだと性病、トリコモナス、カンジダ、梅毒、淋病、HIV、B型肝炎やC型肝炎、ガン、HPVなど性感染症以外についても調べることができるのです

 

自宅で検査を行った後には郵送で指定された施設へ検査依頼を行い、専門施設において検査が行われます。結果は、メーカーごとに異なり、郵送で送られてくることもあればWEBでチェックできるものもあるので都合の良いところを選びましょう。

 

どのメーカーのものを使っても、大半は検体が施設に到着してから数日程度で結果が分かります。病院で検査を受けると通常1周間はかかりますので早く結果を知りたい場合などにも便利といえます

性病検査を病院でする場合

性病,検査

性病検査は、病院で受けることが可能です。定期検診のように検査が行われる日時が決まっているわけではなく、気になる時に病院の外来診察を受けて検査を行うことになります。

 

しかし、気になる症状が出ている場合と出ていない場合とでは、健康保険が適用されるかどうかが変わり、かかる診察料が大きく異なるので注意しましょう

 

性病検査では、特に症状が出ているわけではないけれど、感染していないことを確認したいという人が多く、そうした場合には検査が自己診療扱いになってしまうため、検査費用に数万円かかってしまうこともあるようです。

 

性病,検査

病院で検査を受けた場合、血液検査やおりもの検査などを行うことになりますが、どんな種類の検査ができるのかはその医療機関によって異なります。もしも検査結果が陽性だった時には、そのままの流れで治療を受けることが可能なのが病院で検査をする特徴と言えるでしょう。

 

また、自宅で使える検査キットを使って陽性反応が出て病院に行くと再検査を行うことになります。そのため、感染している事を前提とするなら、最初から病院で検査を受けることは何度も検査する手間は省けるというものです。

 

ただし、検査に行くと人に見られてしまうのではないかと気が引けてしまうこともあるでしょう。そんな方はまず自宅で検査キットを使ってみるのが良いかもしれませんね。

性病検査を保健所でする場合

性病,検査

あまり知られていませんが、性病検査は保健所で受けることができます。各自治体に設置されている保健所での検査は、ほかの人とできるだけ顔を合わせないような配慮がされていることが多いのが特徴です。

 

しかも、検査にかかる費用も基本的に無料となっているので、性病検査を受けたいけれど費用面で問題がある人や、できるだけコストをかけずに検査をしたいという人にとってはおすすめです。

 

ただし、保健所における性病検査は、毎日いつでも好きな時に足を運んで受けられるというものではなく、2週間に1回程度の割合で行われている所が多かったり、1日当たりの定員が決められていたりすることがあるため、すぐに検査したくても難しいということがあります

 

性病,検査

定期的に検査を受けている人なら、タイミングを合わせて受けられますが、「もしかしたら感染したかもしれない」と不安を抱えている人にとっては、検査日まで待つことはストレスになってしまうかもしれませんね。

 

しかも、保健所で行う性病検査は、自宅で使える検査キットや病院での検査と比べると、調べることができる性病の項目が少ないことが多く、主に性病や淋病、梅毒、そしてHIVとなっています。

 

また、検査の際には採決と採尿が必要となり、この二つの検体から調べることが難しい喉性病については希望しても検査不可となっています。そのため、もしもできるだけ数多くの性病に関して検査をしたいという人は、保健所ではなく検査キットを使ったり、病院で調べてもらったほうが一度で大きな安心感につながるかもしれません

性病検査キットのメリットについて 

性病,検査

性病検査キットのメリットは少なくとも3つあります。

 

まず1つ目には、費用面でリーズナブルという点があげられます。性病の検査は病院でも実施していますが、気になる症状が出ていない場合にはかかる費用は健康保険がきかない自己診療となり、全額が自己負担となってしまうことが多く、検査費用に数万円かかってしまうのです。

 

しかし性病検査キットを使えば、購入と検査にかかる費用は1万円弱のものが多いので、リーズナブルに調べることができます。キットごとに調べられる性病の数が異なりますので、病院や保健所で調べるよりも充実していることも多いです。

 

2つ目には、いつでも自分が調べたい時に検査できるというメリットがあります。保健所だと2週間に1回程度しか性病検査を行っていませんし、病院の外来に行っても待ち時間が長くてイライラしてしまうことが多いものです。

 

しかし性病検査キットなら自宅で使えますし、時間が空いた時に待ち時間もなくさっと検査できるので、時間の節約というメリットが期待できます。

 

性病,検査

3つ目には、誰にも知られずに検査できるというメリットがあります。病院や保健所などでは、どうしても他人と顔を合わせてしまいますが、性病検査キットなら自宅でコッソリ一人で検査でき、匿名で検査施設へ郵送し、結果は郵送もしくはWEBなどで知ることができるのです。

 

周囲の人や家族に検査をしたことがバレないという点は、こうしたキットの大きな魅力と言えるでしょう。

性病検査キットは薬局でも購入可能なのか?

性病,検査

性病検査キットは、一般的にはネットショップでの販売となっています。ドラッグストアとか薬局などにも売っていそうなイメージがありますが、取り扱っている所はほとんどないため、購入する時にはネットショップにて、複数の性病検査キットを比較しながら商品を選ぶことになります。

 

キットごとに調べられる性病の数が異なっていて、購入価格も異なります。気になる症状が出ている場合には、その症状に該当する病気を検査できるキットを選んでも良いですし、とにかく検査をして安心したいという人なら、性病に加えてがんや肝炎などについても検査できるキットもあります。

 

性病検査キットをネットで購入すると、。箱には商品名はもちろん、性病検査につながるようなヒントは一切記載されていませんので宅配業者の人やマンションの管理人などに知られずに済むので安心です。

 

性病検査キットの値段・相場はいくらぐらい?

性病,検査

性病検査キットは、複数のメーカーから販売されていて、それぞれ値段は異なります。検査できる性病の種類や、検体を送ってから結果が分かるまでにかかる時間などによって値段は異なりますが、大体6000円〜1万円程度で購入することができます。

 

この値段に含まれているのは、検査キットの購入費用に加えて専門の施設で検査をしてもらう費用、そして結果を入手する費用などがすべて含まれているので、ほかに費用が掛かることはありません。

 

性病検査キットの中には、万が一陽性だった場合には自宅から通いやすい病院を紹介してくれるサービスがついているものがあり、どの病院に行けばよいか分からないという人にとっては、安心できるアフターサービスが充実しているものもあります。

 

また、複数の商品をラインナップしているメーカーには、「アナルセックス」「オーラルセックス」など行為ごとに適切な性病検査キットが選べる検索機能がついていて、商品を見つけやすくなっています。

 

性病検査キットの信憑性について

性病,検査

性病検査キットは自宅で手軽に性病を検査できる便利な商品ですが、信憑性を疑う人は意外と多いものです。しかし、自宅で検査をすると言っても自宅では検体を取得するだけで、実際に検査を行うのは専門の施設で行います。

 

こうした専門の施設は正規の医療機関ですから、検査結果の信憑性はかなり高いと言えます。病院で検査を行った場合と性病検査キットを使った場合とでは、その信憑性には大きな差がありませんので、キットを使って陰性となった時には安心して良いでしょう。

 

ただし、性病検査キットを使う際には、商品に同梱されている説明書の通りに正しい方法で検体を取得することが必要です。間違った方法とか衛生面に問題がある場合には、正しい結果が出ない可能性があるので注意しましょう

 

しかしこうした点は病院で検査を行う時にも同じなので、キットを使った時だけに限った注意点ではありません。また、検査の結果、陽性と出た場合には、早期治療を始めることが必要ですから、すぐに病院に行って治療を始めるようにしましょう。

性病検査は早期対策が大事

性病,検査

性病検査は、自分でははっきりとした自覚症状がなくても病気を早期発見するために欠かせない方法です。

 

どのような性病でも、早期発見すれば早期治療がはじめられますし、そうすれば完治までにかかる期間も短くて済みます。性病の治療には健康保険が適用されますが、それでも自己負担分が高くなってしまうケースが多いため、できるだけ早期発見で治療を始めることは治療費の節約にもつながるのです。

 

性病にもいろいろな種類がありますが、放置していると病気はどんどん進行してしまいます。中には梅毒のように他の臓器や中枢神経、脳や心臓まで細菌が広がって、最終的には死亡してしまうものもあるのです。

 

早く治療しておけば数週間で完治できるのに、放置していると死亡してしまうのは怖いですよね。しかも、性病は他の人にも感染してしまうので、大切なパートナーを性病から守るという意味でも早期に治療することが大切です

 

病院で検査をする場合、気になる症状が無い場合には検査に健康保険が適用されないことが多く、全額自己負担になってしまうのでかかる費用は高くなりますが、自宅で使える性病検査キットを使えばリーズナブルに検査できるのでおすすめです。

性病検査は保険適用されるのか?

性病,検査

性病検査には、健康保険が適用される場合とそうでない場合とがあります。

 

例えば、陰部がかゆいとかブツブツができているとか、気になる症状が出ている場合には健康保険を使って検査を受けることができます。どの検査する性病の種類によってかかる費用は変わってきますが、検査費用はだいたい1万円程度となります。

 

しかし、性病検査を受けたいという人の中には、症状などは全く出ていないけれど感染していないことを確認するために検査をしたいという人がたくさんいます。

 

そうした場合、症状が全く出ていないので健康保険は適用外となり、検査にかかる費用は全額が自己負担となります。場合によっては数万円になってしまい、かなり高額になってしまうことが少なくありません。

 

安く済ませたいのであれば性病検査キットの使用がおすすめです。キットの購入には健康保険は適用されませんが、購入から検査、結果を知るまでにかかる費用は1万円弱のものが多く、病院よりもリーズナブルになっています。

 

また、保健所でも性病検査を受けることができ、この場合には検査してもらえる病気の種類は少ないですが、費用は無料で受けられるのでお得です。